子どもたちを幸せにする学びを。

「ひと」と「ひと」を学びでつなぎ、
その先へ。

SCROLL

生きる力を育む「ひとづくり」で、
豊かな未来社会の実現に貢献します。

今後の社会変化を乗り越えていく「生きる力」を身につけ、多様な人々と協働しながら自分らしい人生を切り拓いていけるように。そして、持続可能かつ豊かな未来社会の創り手となれるように。私たちは、子ども一人ひとりの成長過程に寄り添っていきます。

生きる力を育む「ひとづくり」で、豊かな未来社会の実現に貢献します。

生きる力を引き出すプログラム

    4つの活動領域

    わたしたちの活動領域は、子どもたちを対象としたものだけではありません。
    学びを変えていくには、大人たちの教育観や、学校の在り方そのものから変えていくことが必要だからです。
    わたしたちは、これら4つの活動領域がつながり合うことで高い相乗効果が生まれると考えています。

    活動実例

    小中高の各学校の先生方、行政や地域の方々と手を携え、
    それぞれの学校に合わせた新しい教育プログラムを提案・実行するとともに、
    みんなで教育について考えるシンポジウムなども主催。取り組みの蓄積を発信し、
    新たなつながりも求め、常に知見をアップデートしています。

    Coming Soon

    私たちと協働する有識者の方々

    教育、スポーツ、アートなどの専門的な知見を持つ様々な有識者の方々と協働体制を敷き、
    シンポジウムやセミナー、授業プログラム等でコラボレーション。
    必要に応じて講演なども依頼できるネットワークを構築しています。

    わたしたちが協働する有識者の方々

    ネットワークでつながる有識者の方々

    • TRYHOOP岡山  代表 中島 聡 氏

      スポーツ×学びによる
      将来の自分の可能性
      どのようにスポーツとかかわるか、どのように勉強していく(学ぶ)かを子供の頃から知っておくことが将来の自分に凄く大事だと考えています。

      TRYHOOP岡山 代表中島 聡

    • TRYHOOP岡山  GM 比留木 謙司 氏

      マルチタレントのススメ 変化の早い時代の中で継続的に自分の価値を出すには誰よりもマルチたれ。

      TRYHOOP岡山 GM比留木 謙司

    CLOSE

    NEWS

    CLOSE

    MISSION

    生きる力を育む「ひとづくり」で、
    豊かな未来社会の実現に貢献します

    様々な社会環境の変化を乗り越える「生きる力」を育み、多様な人々と協働しながら
    自分らしい人生を切り拓いて、持続可能な豊かな未来社会の創り手に
    なることができるよう、私たちはその成長の過程に寄り添っていきます。

    VISION

    「ひと」と「ひと」を学びでつなぎ、
    その先へ。

    CLOSE

    COMPANY

    会社概要

    設立月日 2019年8月1日
    商号 カンコーマナボネクト株式会社
    所在地 〒700-0024 岡山県岡山市北区駅元町15-1 岡山リットシティビル5F
    役員 代表取締役会長 尾﨑 茂
    代表取締役社長 曽山 紀浩
    取締役 三ケ田 浩二
    業務内容 ・キャリア教育事業
    ・人材育成事業
    ・学校魅力化事業
    ・働き方改革・業務改善事業

    新会社名への想い

    「ひと」と「ひと」をつなぎ、その先へ。
    「ひと」と「ひと」それぞれの「価値」を学びでつないで新たな価値を創り出し、
    その先にある豊かな社会の実現を目指したいという想いを込めています。

    ※「学ぼう」「コネクト=つなぐ」の造語

    CLOSE

    先生のお役立ち情報満載!

    教育現場の最前線にいる先生方のお悩みや課題解決に役立つ
    先生に“いま”必要な情報をお届けします!

    KANKO TIMES BackNumber

    • カンコータイムズ 創刊号
    • カンコータイムズvol.2
    • カンコータイムズvol.3
    • カンコータイムズvol.4
    • カンコータイムズvol.5
    • カンコータイムズvol.6
    • カンコータイムズvol.7
    • カンコータイムズvol.8
    • カンコータイムズvol.9
    • カンコータイムズ 臨時号

    マナボタイムズ発行準備中!

    CLOSE
    多彩なプログラムを学校別にカスタマイズ。

    キャリア教育

    未来の社会で、どう生きたいか。そのために自分に足りないことに気づかせ、主体的に学ぶ姿勢へと導くのがキャリア教育の本質です。
    自分の長所や課題を見つけ、他者と協働する力まで養える多彩なプログラムを、学校の特性や地域ニーズに合わせてカスタマイズしてご提供します。

    CLOSE
    大人のマインドが変われば、子どもも変わる。

    人財育成

    「世の中が変わっていくから、学びも変わらないといけないんだ」。まずは、大人たちがそこに気づくことから。
    社会環境の変化を踏まえた学びの変化についての講演や研修、ワーク等を通じて、教員や保護者の方々のマインドセットを行います。

    CLOSE
    学校の魅力づくりを本質からサポート。

    学校魅力化

    私学の優位性が薄れる一方で、「ネットの学校」が台頭。もう、難関大学への合格実績だけで生徒が集まる時代ではありません。
    貴校の本質的な魅力を可視化し、広報をはじめとした効果的なアウトプットの施策をご提案します。

    CLOSE
    教務を効率化してゆとりある働き方へ。

    働き方改革・業務改善

    国が推奨する「働き方改革」が最も必要なのは学校現場かもしれません。
    先生方の業務を効率化し、子どもたちの教育を見つめ直すゆとりを生むためのシステムをご用意しています。

    CLOSE

    カンコーマナボネクト株式会社 顧問・スーパーバイザー
    東洋大学理工学部生体医工学科准教授 キャリアカウンセラー

    小島 貴子

    小島 貴子 氏

    これまで日本の教育は、「自分で決める」ことをあまり承認してきませんでした。しかし、子ども自身に決めさせてそれを承認することは、自分で将来の道を選択するための自己肯定感につながります。また、「問いを立てる力」を育てることも大切。質問する時間を持たせないと、いわゆる「指示待ち」の子どもが育ちます。自分で決めること、「なぜ?」を問うこと。それこそが、生きる力の原点なのです。

    CLOSE

    岡山大学 全学教育・学生支援機構 准教授
    教育ソリューション研究協議会 教育プログラム開発アドバイザー

    中山 芳一

    私が着目している“非認知能力”は、まさにこれからの時代に必要とされる能力です。これを住まいに例えると、自己肯定感が基礎の部分。
    これまで重視されてきた知識・技能などは、天井や窓。そして非認知能力は、柱や筋交いにあたります。では、具体的に非認知能力とはどのような力なのか、なぜ重要なのか、どうすれば伸ばすことができるのか。講演やワークを通じてお伝えしていきたいと考えています。

    CLOSE

    教育ソリューション研究協議会 学校担当理事
    キャリア教育コーディネーターネットワーク協議会 代表理事

    生重 幸恵

    生重 幸恵 氏

    教育が変わろうとしているきっかけの一つに、ニートやフリーターといった社会問題があります。私は教育ソリューション研究協議会の理事を務めており、その立場からマナボネクトと協働して問題解決に取り組んでいますが、さまざまな学校現場を見ている中で、いまの先生方は多忙すぎるということも痛感しています。家庭や地域、専門家を巻き込んで、チーム力を高めていくことが大切ではないでしょうか。

    CLOSE

    思考計画株式会社 代表
    読解力向上プログラム統括リーダー

    河本 敏浩

    河本 敏浩 氏

    「東大に20人合格させよう」「野球部を強くして甲子園に出よう」。学校の知名度を上げるために注力されてきた進学実績やスポーツ実績が、いまの生徒募集では通用しなくなっています。そこにすがることなく、この20年あまり「学校の魅力づくり」に取り組んできた学校がいま、軒並み生徒募集に成功しているのです。「ウチの学校はどうすれば…」とお考えの先生方、一緒に貴校の魅力づくりを始めませんか。

    CLOSE